NEWS

Todos_さくら

2019/04/25 (木)

くらしのなかで

願いは叶うもの、いつの間にか叶っているもの、持ち続けるもの

種は芽吹いて花が咲き、やがて実がなる。

そんなふうに、願いというのも案外叶うものじゃないかと思います。
ただ、それに氣がつくのは、わりと後になってからで、願ったことをすっかり忘れてしまって、叶った喜びに浸りたくともそのテンションはもはやどこぞ…、くらいだったりして。

できれば、お願いモードのテンションを維持しているうちに味わいたい…! なんて願いごとが増えたりして。


でも本当は、なんでも難しいことなくすんなり叶うものなのだそうですね。
誰かが、
人は総じて、難しくして叶えるのは大変!というテイにしたがる、と言ってました。

なるほど。

願った直後から、 きっと無理だろうなあ、いったいどうやったら…、と途方に暮れたりして、悶々とした挙げ句、想像するのがいやになってしまうという、楽しくない回り道は得意かもしれません。


叶うといいなを風に乗せて、さっさと連れ去ってもらいましょう。
そうしたら、熱の冷めないうちに、最短で実りを運んできてくれるかもしれません。


でも、そう書いておきながら、一方で、
散々思い悩んで忘れた頃に届く知らせが、楽しみのひとつであることも確か。

それに、叶わずかつ忘れてしまったことなら必要ないわけだし、
叶っていないのなら、叶えてやろうホトトギスですよ。
絶対叶わないのなら、新たな願いを見つけるまでですよ。

願い、持ち続けましょうね♪


Share On