NEWS

Todos_teamlab

2020/02/04 (火)

くらしのなかで

生きづらさはあっていいもの

生きづらさはあっていいと思う。

自分自身で招いたこととはべつに、生まれてきたことや、身に降り掛かってくることや、流れに身を任せた結果や、気付きが起きるタイミングなど…、コントロールが利かない避けようのないこともあるから。

克服しようと奮闘したり、その場を凌ぐための気分転換をするのもいいけれど、生きづらさはいつも隣にあるものとして、その横でじゃあどうしたら、もっともっと楽しくてもっともっと自分にコミットした人生を送れるだろうかというのを、たくましく想像したいものです。

それに、少なからず、生きづらいところから、工夫や創造は生まれるもの。人生の醍醐味というのも、環境や状況ではなくて、いかに創意工夫しているかにあるのではないでしょうか。

だから、ただ想像してみると良いです。
こうだともっといいなってこと、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなこと、ホッとすること、エキサイティングなこと。それを体験している自分の額に輝く汗とか、頬をつたう温かい涙とか!

その想いが、明日が来ることを受け入れ、そして道を拓くのだと思います。


[写真]昨年夏にお台場のteamLabで撮影した“Black Wave”。荒々しさと静けさが同居する様には生命を感じる。いつまでもその場を離れたくありませんでした。


Todos インスタグラム

Todos Facebookページ


Share On